弘前大学剣道部HP

弘前大学剣道部のHPブログです。試合結果、行事の写真等あげていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

法界定印

こんにちは、昨日の稽古で長内先生がなさったお話を少し、書き留めておきます。

稽古前の「静坐(せいざ)」についてのお話でした。
この静坐の際の手の形、私は中学校で始めて剣道に触れた時、先輩に教えてもらったのですが、この掌を重ねて両手の親指を触れるか触れないかの位置に置く印を「法界定印」と言うそうです。

これは禅宗の印で、天地と一体となり心を静かにするためのもの(少しうるおぼえですが)だそうです。
稽古の前後に心を落ち着かせるという意味を持つ「静坐」ですが、印の詳しい意味までは知りませんでした。
先生曰く、剣道は禅宗の影響を強く受けているんだそうです。

また、静坐の際には両脚の親指を少し重ねるか交わらせる程度で、膝と膝の間は男なら拳1~2つ、女であれば1つもしくは膝をつける
お尻を後ろに出すような気持ちで背筋は伸ばし、まぶたは閉じず目線は自分の鼻から膝先が見える程度に向ける
息は鼻からゆっくり吐き出し、全部出し切ったうえで更に押し出すように息を出し切り、出し切ったところで腹を戻して空気をいれる
まぶたは完全に閉じないで、目線は自分の鼻から膝先が見える程度に置く

これらを意識すると一気に姿勢が良くなります。
この他にも大仏と我々の「法界定印」の違いについてや「黙想」と「静坐」の関係等のお話もして頂いたのですが、今回は割愛させていただきます。

間違っている点があれば、教えてください

さて、そろそろ一年生に部員日記を書いてもらおうと思うのだけれど、どうやったらいいですかね…
でわでわ、またどこかで

スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 13:42:01|
  2. 剣道メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hirosakidaigakukendo.blog.fc2.com/tb.php/13-ff967ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。